復縁を成功させるための〝3つの鍵〟とは? 復縁のために意識すべきこと

復縁したい復縁のテクニック

私は今の主人とは復縁を果たしたのち、結婚をしています。
そんな経験を基に、今回の記事を書いていきます。

ところで、「復縁なんて絶対に無理」だなんて言う人がいますが、私は声を大にして言いたい。

「復縁は無理じゃない!!」 と。

復縁できなかった人ほど「復縁なんて無理ゲー」なんて言いますが、それはその人が無理だっただけ。
世の中に、復縁しているカップルはものすごくたくさん存在しています。

あなたにどうか知っておいてほしいこと。
それは、他人からのネガティブな声には一切耳を傾ける必要はないということです。

復縁を成功させるために捨てるべき考え方とは?

復縁したい

それでは具体的に、【復縁のための3つの掟】をお伝えします。

最初に、「このような考え方を持っていたとしたら復縁など絶対にできない」ということを警告しておきます。

●「絶えず連絡をしていれば、いつか返事を返してくれるのではないかな」
●「最低でも1か月に1回は、自分の想いを送ろう」

・・・などという、むやみやたらに LINE を送ろうとする、上記のような2つの考え方は絶対にやめましょう。

これは男性側の立場から見れば、完全な依存体質と捉えられてしまい、気持ち悪がられるだけです。

 

復縁したければ、復縁するなりの方法論や考え方があります。

それは・・・【ただしつこく彼に連絡するのは全く意味がない】ということを肝に銘じておくべしです。

彼と復縁したいのならば、“あること”を実行すべし

復縁したい女性

それでは逆に、どういう行動を取ればよいのかと言うと・・・
復縁を考えてもらえる、【絶好のタイミング】で彼に連絡をすることが大切なのです。

 

それではいつ、連絡すれば良いのか?

・・・それは、彼が婚活するであろう時期

都会だと27歳~から、地方だと24歳~くらいからでしょうか。
適齢期というのはもちろん個人差があるので、たとえば仕事中心の生活をしている彼の場合だと30歳すぎ~など、復縁したいと願うお相手がいつ婚活しそうかを予測するのが大切です。

では、なぜ、『婚活の時期が狙い目なのか?』ということを説明します。

・・・それは、【婚活は簡単なものではない】からです。

現在、価値観の多様化が進み、結婚を希望しない男性は徐々に増えています。
そのため彼らは、自分自身では気付かないうちに一方的に出会う女性のハードルを上げ過ぎてしまっている傾向があります。

そうするとどうなるかというと、新しい彼女となかなか出会うことができなくなるという事態が起こります。

 

つまり、婚活適齢期の男性は、意外なほど婚活に苦労しているのです。

しかも、婚活の過程で何とか出会えた人と、お互いの意思がマッチングしたとしても、いざ結婚を決意するのは、とんでもない勇気がいることです。

というのも、男性は一生の責任を背負う覚悟で臨まないといけないから。

ところが婚活は、お互いが結婚したい者どうしで、 「お互いのことをもっと知ってから~」などと呑気な事を言っていると・・・

お相手に「そう。じゃあ私は、そんなにゆっくりしているヒマはないから、違う人を探すね」と言われてしまう事も多いのです。

あなたの好きな男性が、婚活に疲弊している、・・・
このタイミングが復縁のための絶好のチャンスです。

復縁したい彼に連絡を取るべき、ベストなタイミングとは?

復縁

これまでのお話の流れで、【婚活の時期に連絡を送るべき】とアドバイスしましたが、では具体的にベストなタイミングはいつでしょうか?

それは・・・【お相手の誕生日】

もはや、この日一択です。

というのも、大人になってから、自分の誕生日を覚えてくれている存在ってどのくらいいますか?
せいぜい2~3人じゃないですか?

だからこそ、どんな人でも「誕生日おめでとう」というメッセージが届くと、悪い気はしません。

もちろん復縁するためには、結婚相手に「私という候補もいるよ!」ということをアピールしなければいけません。

ここで注意してほしいのが、LINEの内容が直球ドストレートは NG。

例を挙げると、

●NG 例
「誕生日おめでとう!〇〇くんにとって幸せな1年になりますように。もしよかったら私と結婚してください!」

これを受け取った側は気持ち悪いし、「急に何!?」って警戒してしまいます。

そこで、ちょっとひねってみましょう。
オススメなのがちょい自虐風。

●オススメ例
「誕生日おめでとう!〇〇くんにとって幸せな1年になりますように。〇〇くんの今年の目標は?私は結婚相手を見つけることかな・・・(T_T)」

なーんて具合に。

もちろん、細かい部分はご自身のキャラに合わせて言い回しは変える必要はありますが、
ちょい自虐 + ちょっと可愛げのある文章でサラッと送るのがおススメです。

 

「あれ、でもさっき非モテっぽく依存心あるように感じさせるのは NG って言ってたじゃん! ?」と思われるかもしれませんが、年に1・2回くらいは可愛げのある文章を送るくらいでは非モテ感は出ません。

強くお伝えしたいこと、それは・・・とにかく闇雲に何の戦略もなくメッセージを送り続ける、ということが非モテ感を出してしまう、ということを理解しておいてください。

 

ちなみに、誕生日 LINE を送ったとしても、お相手の返信があまり乗り気でないようであれば、また来年の機会にかけましょう。

あるいは新年の挨拶でも良いですね。

 

逆に、誕生日 LINE の食いつきが良ければ、そのまま LINE や電話で、楽しかった思い出話をしましょう。
別れたキッカケや、別れた時の事、悲しい事には絶対に触れないでおきましょう。
マイナスな感情を呼び起こしてしまってはダメです。

「もしも、またこの子と付き合ったら、あの時みたいに楽しい生活が送れるのかなぁ」
と思わせることが大事です。

せっかくの機会なので、2 人で楽しかった思い出に浸ったり、お互いのポジティブな近況報告をしてみると良いですよ。

さぁ、ここまで出来たらもう大丈夫。
復縁のカウントダウンが始まっています。

「久しぶりにご飯でも行こっか」とあなたから誘えば、復縁への道が開けます。

久しぶりに再会する時は、前にお付き合いしていた時よりも見た目も中身もキレイになったあなたで、彼を魅了しちゃいましょう。

最後にまとめとして

ただもしもあなたが片思いの気持ちが大きくなりすぎて辛い時は、無理やりでも良いので【他の男性にも目を向けてみる】という努力をしてください。

もちろんそれが簡単なことではないのはわかっています。
しかし、1 人の男性に執着すると、結果的に空回りしてしまうのです。

だからこそ意識的に【執着を捨てる】ようにしてみてください。
その結果、余裕のある振る舞いができ、男性から愛され、復縁するというサイクルに入っていくのです。

以上、この文章を読んでくださったあなたが、幸せな復縁恋愛ができるように心から願っております。

タイトルとURLをコピーしました